ロックドラマー憧れの26インチバスドラ、まさかのドラムキットを試奏

後輩ドラマーであり、北九州を代表する若手ハードコアバンド”universe last a ward”のドラマーりょーじーとドラムナードオフ会(勝手に命名した)を開催。

彼はまだ20代半ばの青年ですが、なぜか26インチサイズのYAMAHAツーバスドラムキットを所有しています。

これ、見る人が見ればヨダレが出る一品。あのレジェンドドラマーCozyPowellが来日公演で使用する為にYAMAHA社がわざわざ複数制作し用意していたというドラムキットのうちの一つ。当時実際にバックステージで保管されていたらしく、実際本人が試打したであろう打痕がありました。

りょーじーのアカウント名は”RyozyPowell”であり、”CozyPowell”愛がヒシヒシ伝わってくる先輩たちも顔負けのあのロック黄金時代を追いかけるドラマーなのであります。可愛い。

今度東京でライブがあるそうで、恵比寿LiquidRoomにこれを持っていくかも、本当に持っていってましたとのこと。いや、あのサイズ持っていくの本当に大変なんですよ。流石だ。

色々実験がてらお互い叩きつつ聞きつつで短い時間でしたが意見交換できました。

ドラマーはドラマー同士で知見を深めるのがとても大事だ。俺たちはまだまだ知らないことがたくさん。。今回やったことをまとめておく。

・フロントヘッドの種類は何が良い?

・エアホールはどこにあれば良いか。画像のセンター大きめエアホールと、小さめエアホール(測ればよかった)の違い

・バスドラ打面に対するビーターの位置

・26インチはかっこいい

・26インチが欲しい

・26インチのLudwig製バスドラを買う

というところで進展あればまたご報告いたします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です